HOME>注文住宅TOP>無添加住宅について>無添加住宅のよくある質問>オリジナル家具について

無添加住宅のよくある質問

オリジナル家具について

家具に色はつけられるのでしょうか?
付けられます。しかし、自然な素材で着色するのには、色に限界がありどんな色でも付けられるわけではありません。当社は柿渋をあらゆるところで使っています。
おふろは石貼りが標準なのでしょうか?
石の種類は3種類あり、床面はすべりにくくする為にザラザラの仕上げになっています。
洗面台もオリジナルなんですか?
洗面台のキャビネットももちろん無添加家具でできています。天板もキッチン同様に天然石をのせるのが標準になっています。
天然の木材を海外から輸入する際に、殺虫・殺菌処理を薬品で行っているのでは?
当社の天然木材はインドネシアから輸入しております。普通は薬剤注入や薬浴を行いますが、当社の物は高温で蒸気殺菌し、化学物質を一切使用しません。最近、「東南アジアの材木は日本の税関で薬処理をしないと輸入できない。」というまことしやかなうわさが出回っているようで、このようなの質問が多いです。中には完全にそう思い込まされてしまっている人もおり、弊社の説明を聞いて驚かれる方もおります。弊社スタッフが原木林から製材所、加工所、現地でのコンテナの積み込み、日本についてからのコンテナ開封作業の確認を一通りしておりますので安心です。
しかし、当然何も処理をしていないので、建築で使用した際は柿渋や無添加ワックスなどで防虫処理を施すのが無難です。これは日本の国内の材木を使っても同様です。東南アジアのものであるからやられやすい、日本のものは食べられないということもありません。
余談ではありますが、この「虫」に対しての通関の法律は世界的に見て、日本は一番甘いようです。通関していただいている会社のお話では、アメリカやオーストラリアへの輸出の際は『木』のパレットに載せては商品を輸出できないのです。『木』パレットに害虫がついている可能性があるからです。もし、このことを守らずに木製パレットで禁止国に送った場合、コンテナを開けて木製であると確認されたらそのまま再度封をされ送り返されるとのことです。逆に他の国から日本に輸入する際は、日本はこのような法律を設けてないのでどんどん木製パレットで送られてきます。強度面やコスト面で無難な木製パレットは日本向けにしか使えないというのがあるからです。ちなみに木製パレットが使えないところはプラスチックパレットか紙パレットを使います。もちろん、従来使い捨てを主であったパレットの再利用化の強化もあります。中国ですらその法律が制定されたにもかかわらず、なぜか日本だけは手を打っていないというのが実情です。
玄関扉は天然木ですが、腐らないですか?
玄関扉は扉厚さが通常より1.5倍ほどの厚さ(6cm)で、しかも天然木に柿渋塗装を施したり、防腐対策を行っており、腐りにくくなっています。他の外部に面している木部に全て言える事ですが、引渡し後1年経過した時にもう一度上塗りするとより一層防腐効果があります。
イベント・見学会情報 ケイディアイホームスタッフブログ

無添加住宅について

むてんかびと
ケミレス必要度テスト